★楽天市場人気商品

お祝い全般

差出人の名前はフルネームで

ランキングに参加しています。
気が向いたらご協力お願いいたします。

ブログランキング

慶弔の時のお金の包みや熨斗紙などに、
贈り主である自分の名前を書く場合は
自分の姓だけでなく名前まで
フルネームで書くようにしましょう。

長い付合いだから、筆跡で分かるだろう。
というのは、こちらの思い込みです。

一般的に、名簿整理など第三者がすることが多く
同じ姓の人が他にいると分かりにくくなります。
また、同姓同名の人がいないとも限りませんので
祝儀袋の中袋などに記載欄があれば金額と住所、
名前を書き込んでおきましょう。

それでなくても、バタバタと忙しいので
必ずフルネームで書くと親切ですね。

ランキングに参加しています。
気が向いたらご協力お願いいたします。

ブログランキング

お祝い情報局トップへ

お祝い全般

お祝いの表書き一覧表

こんにちは。
お腹が張るので、病院に行ったんです。
そしたら、腸内環境がよくないと指摘を受けました。

腸内環境?

そこで僕は、腸内環境改善宣言!
ビフィズス菌を生きたまま腸まで届ける
ヨーグルトを山のように抱えて・・・

ランキングに参加しています。
よろしければ、おひとつお願いします。
↓  ↓  ↓
ランキング.gif

 
お祝いの表書き一覧表です。
 
●結婚祝い・・・・・・・寿・祝御結婚・御結婚御祝


●結婚の引き出物・・・・・・寿

 
●結婚祝いのお返し・・・・・内祝
 
 
●結婚式でお世話になった人のお礼・・・・寿・御礼・御祝儀
 
 
●媒酌人への謝礼・・・・・・・・・・寿・御礼
 
 
●出産祝い・・・・御出産祝・御出産御祝・御誕生祝福
 
 
●出産祝いのお返し・・・・・内祝い
 
 
●お七夜のお祝い・・・・・・祝御七夜
 
 
●お宮参りのお祝い・・・・・祝御宮参・御祝
 
 
●お宮参りのお祓いの謝礼・・・初穂料
 
 
●初節句のお祝い・・・・・初節句御祝・初雛御祝・初幟御祝
 
 
●初誕生日のお祝い・・・・祝初誕生日・初誕生日御祝・お誕生日おめでとう


●七五三のお祝い・・・・祝七五三・賀御髪置・賀御袴着・賀御帯解
 
 
●入園・入学祝い・・・・御入園御祝・祝御入学・合格御祝・御祝
 
 
●就職祝い・・・・就職御祝・賀社会人・卒業御祝・御就職おめでとう
 
 
●成人祝い・・・・祝御成人・成人式御祝・賀成人式・成人おめでとう
 
 
●結婚記念日のお祝い・・・金婚式御祝・祝銀婚式・寿
 
 
●長寿のお祝い・・・・・・祝喜寿・喜寿御祝・賀華甲・寿福・祝御長寿


●新築祝い・・・・御新築祝・祝御新築・御新築御祝・新築御祝
 
 
●開店・開業祝い・・・・祝御開店・開業御祝
 
 
●受賞(章)祝い・・・・祝御受賞・御受賞御祝
 
 
●発表会・個展のお祝い・・・御祝・祝展覧会・楽屋御見舞
 
 
●昇進・栄転のお祝い・・・祝御昇進・御昇進御祝・御栄転御祝・昇進おめでとう・御餞別
 
 
●定年退職のお祝い・・・・御礼・感謝・感謝をこめて


ランキングに参加しています。
よろしければ、おひとつお願いします。
↓  ↓  ↓
ランキング.gif  
 
ご退室の前にお読み下さい。
 
お祝い情報局トップへ

お祝い全般

祝儀袋の水引について【お祝い情報局】

お祝いがあってお祝い金を贈る時に
祝儀袋
に入れて贈りますよね。
今日は、その祝儀袋水引についてのお話です。

応援よろしくお願いします。

祝儀袋には帯状の紐のような物がありますよね。
それを水引といいます。
由来を知りたい人は、こちらのご贈答マナーというサイトへ。

この水引きには結び方に
それぞれ意味があるのです。
こちらをご覧下さい。

お祝いに、さりげなく目を引く和

紙のご祝儀袋でセンスの良さをアピールしてみませんか?お祝い...
蝶結びですね。
両端を引っ張ると解けて何度でも結べることから
繰り返してもよいお祝い事に使います。
結婚祝い以外のお祝い事、出産祝いなど。

それに対してこちら

お祝いに、さりげなく目を引く和紙のご祝儀袋でセンスの良さをアピールしてみませんか?冠婚葬...

あわじ結びです。
結び切りの一種といえます。

いったん結ぶと解けないということから
2度とあってはならない場合に使います。
例えば、婚礼・弔事・病気見舞いなど。

そして水引には結び方以外に
水引の色にも注意が必要です。

祝儀の場合
水引の色は紅白や金銀、金赤などを使います。
不祝儀の場合の水引の色は
黒白や銀、銀白などを使います。

あと水引の本数。
祝儀は奇数で不祝儀は偶数ですが
最近では、祝儀・不祝儀共に5本7本が使われているようです。


ランキングに参加していますよろしければ。

お祝い情報局トップへ

お祝い全般

お祝いを贈るときのポイント【お祝い情報局】

お祝いの贈り物は、日頃お世話になっている感謝の気持ちであったり
喜びの感情をある形にしたものです。
出来れば、贈る側の気持ちを正確に伝えたいですよね。
そこで、贈り物をするときのポイントを考えてみることにします。

まず、贈り物をする目的を考えてみましょう。
しきたりを重んじる結婚祝いとプライベートな誕生祝いでは
おのずと贈り方や贈る物が変わってきます。

また、同じ結婚祝いでも贈る相手との親しさの度合いや立場などを
考えることも大切です。
同僚なのか上司なのか?
あまり親しくない人に高価な物を贈ることは、
かえって相手にいらぬ負担をかけてしまいます。

贈り物選びも大切です。
贈り物をするならば、出来れば相手に喜んでもらいたいですよね。
自分の趣味や好みだけで贈り物選びをすると、
趣味が合わないことも考えられますので、
相手の身になって考えるのがポイントかと思います。
親しければ、欲しいものを直接聞くのが1番ですよね。

そして、贈るタイミングを外さないこと。
結婚祝いは、招待状を受けてから1週間前ぐらいがそのタイミングです。
招待状を受ける前だと
招待を催促しているように取られかねません。

あと、状況に応じて送り状を出しましょう。
送り状とは、贈る目的や品物を書いた挨拶状のことです。
一言メッセージを書けば、より伝わります。

贈り物は確かに物ですが、
気持ちを込めれば相手に必ず伝わるはずです。
気持ちを物に託しましょう。
更なる円滑なコミュニケーションが進む1つの方法として。

お祝い情報局トップへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。